Special
» 2019年12月06日 10時00分 公開

インターネット業界で差をつける、洞察力を引き出すデータ分析術激化する業界競争に複雑化する顧客ニーズ

インフラ技術の進展もあり、通信事業者やEコマース、Webサービスといったインターネットでビジネスを展開する企業間の競争が年々激化している。この時代を生き残るために求められるものとは。

[PR/キーマンズネット]
PR

 2020年には次世代通信技術「5G」の登場が期待されており、一般消費者を取り巻く通信環境はさらに快適なものへと変わろうとしている。通信インフラが整備されることで、通信やEコマース、Webサービスといったインターネットを基盤にビジネスを展開する業界では、目がくらむようなスピードでサービスの進化が進み、事業者間の競争はますます激化する。

 こうした激しい企業競争の中、他社との差別化を図り顧客の需要を満たすには、事業活動で収集した膨大な量のデータを効果的に活用し、顧客満足度の向上へとつなげる仕組みが必要だ。そこで肝になるのがデータ分析のプロセスだ。

 日々膨大なータが生成される中で、それらを高速かつ正確に分析してサービスに生かすには、機械学習やAI(人工知能)といった技術が大きな力となる。しかし、いざそれらの技術を取り入れようとしてもなぜか失敗してしまう組織が後を絶たないという。PoC(概念実証)までたどり着いても、PoCから先に進まないケースもある。

 失敗に終わるケースはどこがまずいのか。SAS Institute Japanが開催したイベント「SAS Analytics Network OSAKA 2019」の講演からその答えを探る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SAS Institute Japan株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部