特集
» 2019年12月09日 18時00分 公開

5分で約300件の怪しいリストを作成 富士通製「“転売er”捜索ロボ」の仕事ぶりは?

川崎フロンターレと富士通は、チケットの不正転売をRPAによって自動的に発見する実証実験を行った。5分で最大約300件の不正転売チケットをリスト化したというが、その仕組みは?

[キーマンズネット]

 働き方改革を背景に期待を集めるRPA(Robotic Process Automation)。これまで大手企業を中心に、金融機関におけるバックオフィスでの活用事例などが話題を集めてきたが、スポーツやコンサートの不正転売チケットを見つける業務においても活用が始まった。

 スポーツやコンサートなどのチケットの不正転売については、2019年6月14日に「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(チケット不正転売禁止法)が施行され、一定の成果を挙げている。だが、チケット不正転売禁止法が規定する「特定興行入場券」に該当しない日時や座席の指定がないチケットは規制対象外だ。法律で規制されない転売チケットについては興行主が自主的に対策するしかない。

 川崎フロンターレでは、職員が転売サイトなどを日々閲覧し、情報を取得・分析していた。こうした対策は負荷が高く、現状の把握や転売対策を講じることが困難だったという。こうした状況を背景に、川崎フロンターレと富士通は2019年7月11日〜9月30日にかけてRPAを活用してチケット転売情報を収集し分析する実証実験を実施。実証実験の結果、正規価格よりも高い値段で販売されている約70件から300件の不正転売チケットを約5分で一覧化できたというが、どのような仕組みなのか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。