特集
» 2019年12月06日 10時00分 公開

ブームから定着へ、RPA普及の「サポーター」が集結──「RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019」イベントレポート

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)をテーマにした国内最大規模のイベント「RPA DIGITAL WORLD OSAKA 2019」(RPA BANK主催)が2019年11月22日、大阪市北区のコングレコンベンションセンターで開催された。

主要な大企業へのRPA導入が一巡し、活用規模のさらなる拡大と、中堅・中小企業への浸透が課題とされる現在、経済の中心地であると同時に、中小企業従業者の割合が首都圏(1都3県、80.3%)よりも高い関西圏(2府4県、84.3%)の動向は、国内RPA市場の今後を占う上でも要注目といえる。本記事では、同イベント展示会場で行われたハンズオン、デモンストレーションセミナーの模様と、展示内容の一部をピックアップして紹介する。

■記事内目次

  • 【ハンズオン/デモンストレーションセミナー】「使い勝手」の向上と「使いどころ」の探索支援に注目
    • 株式会社Minoriソリューションズ
    • キューアンドエーワークス株式会社
  • 【展示ブース】見えてきたRPA活用の方法論。高まるAI-OCRへの関心
    • アビームコンサルティング株式会社
    • 日商エレクトロニクス株式会社
    • 株式会社NTTドコモ
    • Blue Prism株式会社
    • オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社/シー・システム株式会社/株式会社システムサポート
    • トッパン・フォームズ株式会社

【ハンズオン/デモンストレーションセミナー】「使い勝手」の向上と「使いどころ」の探索支援に注目

会場では、実際のツール操作を体験する「ハンズオン」と、操作実演を交えた解説「デモンストレーションセミナー」を計4社が実施。各7回のプログラムは、ブースからあふれる参加者も出る盛況となった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。