ニュース
» 2019年12月05日 08時00分 公開

IT資格の取得状況(2019年)/前編

前編では、「現在保有している資格」「今後取得したい資格」「注目している資格」などを読者に尋ねた。2018年の結果と比較すると、資格の保有動向に変化があった。あえてIT関連以外の資格にも注目が集まるのはなぜか。読者調査からIT資格のトレンドを読み取った。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年11月5日〜21日にわたり、「IT関連の資格保有に関するアンケート」を実施した。全回答者数194人のうち、情報システム部門は29.9%、製造・生産部門が19.1%、営業・販売・営業企画部門が13.9%、経営者・経営企画部門が7.2%などと続く内訳であった。

 今回は、IT関連資格の「保有状況」や「資格取得の目的」「今後取得したい資格」「現在、注目している資格」など、資格取得の現状や考え方を把握するための質問を展開。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

2018年と比べ、2019年は資格の取得傾向に変化

 人が持つ技術力やノウハウなどは、表からは見えにくいものだ。特にITスキルについては、実際にプロジェクトで仕事をしてみなければ技量を計れないところもある。自らが持つ技術力やスキルを可視化する手段の一つに、資格がある。例えばプロジェクトにアサインするメンバーを選出するとき、人選の指標にもなり得る。このように、資格はその人の技量を示す“名刺”のような役割を果たす。本調査では、資格の中でもIT関連の資格に焦点を当て、資格の保有状況を読者に尋ねた。その結果を見ていこう。

 はじめに、IT関連資格の保有状況を知るために読者に対して資格の保有有無について尋ねたところ、全体の73%が何らかのIT資格を「保有している」と回答した(図1)。この結果を、年代別で見ると、40代前半が86.4%、40代後半が83.8%となり、40代の資格保有率が高い傾向にあった。

図1 IT関連資格の保有有無

 保有する資格について尋ねると、取得割合の高いIT関連資格は、1位が「基本情報技術者」56.2%、次いで2位は「応用情報技術者」27.4%、3位「ITパスポート」16.4%、4位「情報セキュリティマネジメント」13.7%、5位「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」11.6%と続いた(図2)。

 この結果を2018年に実施した調査と比較すると、上位に国家資格がランクインする傾向に変わりはないが、「情報セキュリティマネジメント」や「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」といった情報セキュリティ分野の資格取得割合が増加傾向にあった。代わりに「ネットワークスペシャリスト」や「ITストラテジスト」などの取得率は減少傾向にあった。

 増え続けるサイバー攻撃や情報漏えい事故などによって企業が受ける被害が深刻さを増す中、サイバーセキュリティの対策強化に向けた専門人材の確保を喫緊の課題と捉えている企業も少なくないことが、調査の結果から読み取れる。

図2 保有しているIT関連資格

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。