Special
» 2019年12月04日 00時00分 公開

大阪開催セミナー:最新のサイバーセキュリティ調査報告書を読み解く

[PR/キーマンズネット]

〜2020年を見据えた、最新セキュリティ対策勉強会〜

 新たな年度を前に、最新の調査報告とソリューションを学んでみませんか? イベントが盛りだくさんな2020年は、誰もがサイバー脅威に緊張する年です。企業のサイバーセキュリティ投資状況や、いま取り組むべき施策を、最新の調査結果から解説致します。また、対策に必要なソリューション情報もご提供差し上げますので、奮ってご参加下さい!

プログラム

 14:30〜15:10
 セッション1
サイバーセキュリティ最新動向 〜サイバー調査から見えるサイバー脅威対策の実態〜
KPMGコンサルティングとRSAが実施した共同調査において、特徴的な部分をピックアップしてお届けします。主に、サイバー脅威の実態、サイバーセキュリティへの投資状況、セキュリティ専任組織(CSIRT)の設置状況と、制御システムセキュリティの対策などについて説明します。

 KPMG コンサルティング株式会社
 テクノロジーリスクサービス ディレクター
 大西 武史 氏
 15:10〜15:50
 セッション2
今求められるサイバーセキュリティ対策と事例紹介
サイバーセキュリティ調査の結果を受け、課題となっている投資と対策の継続、インシデント対応態勢、および制御システムセキュリティについて考察し、今求められるサイバーセキュリティ対策とその事例について紹介します。

 KPMG コンサルティング株式会社
 テクノロジーリスクサービス シニアマネジャー
 保坂 範和 氏
 15:50〜16:00  〜休憩〜
 16:00〜16:30
 セッション3
サイバー脅威に対抗するための、最初にやるべきこと
サイバーセキュリティ調査の結果を受け、今後、先進的なSIEMによるログやネットワーク通信の活用が不可欠となってくると考えられます。サイバー脅威を可視化して、取るべき対策を迅速に取るにはどうしたらよいのか? RSA NetWitnessを利用した対策について説明します。

 EMCジャパン株式会社 RSA
 事業推進部 プロダクトスペシャリスト
 柳川 玖莉亜 氏
 16:30〜17:00
 セッション4
サイバー脅威から守る、安心で安全なワークスタイルを考える
サイバー攻撃が、フィッシングやマルウェアなどで盗まれたID/パスワードを使って実施されることが多いことが分かってきています。脅威を未然に防ぐには、認証の強化が有効な対策の一つです。RSA SecurIDを利用した対策について説明します。

 EMCジャパン株式会社 RSA
 システムズ・エンジニアリング部 部長
 梅木 和年 氏
 17:00〜17:15
 質疑応答
質疑応答

セミナー概要

 開催日時  2020年1月29日(水)14:30〜17:15(受付 14:00〜)
 会場  EMCジャパン株式会社 西日本支社 堂島プラザビル 11F「生駒」
 参加費  無料
 定員  30名
 主催  EMCジャパン株式会社 RSA
 お問い合わせ  EMCジャパン株式会社 RSA
※大手・中堅企業のセキュリティ担当、担当マネージャ、リスクマネージャの方を対象としております。
※競合他社様・個人事業主の方の参加はご遠慮いただいております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.