Special
» 2019年11月29日 10時00分 公開

サーバやアプリケーションに比べ進まない理由:「自動化」最後のとりで ネットワークがクラウドやアプリに追い付くには?

サーバ構築やアプリケーションのデプロイにおける自動化は進んでいるが、残念ながらネットワーク運用の自動化は遅れている。根本的な課題は何だろうか。どう着手すればいいのだろうか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 IT環境の複雑化に伴い、ネットワークの運用負荷は高まる一方だ。これからのネットワーク運用において鍵を握るのが、限られた人手で効率的にITシステムを構築、運用するための「自動化」だ。

 クラウドの普及に伴い、サーバやストレージは負荷やデータ量の増減に応じて自動的に拡張する仕組みが当たり前になった。アプリケーションのビルドからテスト、デプロイまでの一連の流れについてはCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)で、フロントエンド業務についてはRPA(ロボティックプロセスオートメーション)で、自動化の取り組みが広がっている。

 そんな中、ネットワークは自動化において取り残されている領域だ。システム全体を支えるネットワークがこれまでの構築・運用方法のままでは、ビジネスの俊敏性を実現する上での足かせになるだろう。ネットワーク構築・運用の自動化が進まない問題を解消するすべはあるのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部