特集
» 2019年11月22日 08時00分 公開

日本RPA市場に乗り込んだ「Kofax」台頭なるか――感情を読み取るAIで機能強化も

インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxが、同社のIAプラットフォームの機能強化と日本市場における戦略を発表した。他社のRPA製品とは何が違うのか。

[キーマンズネット]
11月13日の記者発表会に登壇したKofaxのレイノルズ・C・ビッシュ氏

 「2019年の8月にHFSリサーチが『RPAはもう死んだ、インテリジェント・オートメーション(IA)を存続させろ』というレポートを発表しました。RPAは確かに価値を持っていますが、より大きなソリューションの枠組みでは一部にすぎません」――こう話すのは、インテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つKofaxの最高経営責任者 レイノルズ・C・ビッシュ氏だ。

 同氏は、多くの企業において組織内での特定の部署でのRPA導入は進んでいるものの、全社横断的なビジネスプロセスの自動化が進んでおらず、期待するROI(投資対効果)と真の意味で自動化のメリットを享受できていないとして、この解決策となり得る同社のインテリジェント・オートメーションプラットフォームの特徴と、直近の強化ポイント、さらに日本市場における戦略を話した。同社の提唱するIAとは具体的にどのようなもので、他社ベンダーのRPAとは何が違うのか。

Kofaxのインテリジェント・オートメーション・プラットフォームとは

 米国に本社を置くKofaxは、RPA(Robotic Process Automation)やドキュメント処理を可能にするコグニティブ・キャプチャーなどを統合し、プロセスの自動化を実現するインテリジェント・オートメーション(IA)分野で実績を持つ企業。グローバルで2万5000社以上の企業に導入され、同市場で28%のシェアを占める。日本三菱UFJフィナンシャルグループやゆうちょ銀行といった大手金融機関を中心に顧客を獲得し、延べ1000社以上の導入実績があるという。

 同社のインテリジェント・オートメーション・プラットフォームは、ドキュメントをはじめとするコンテンツを抽出、理解する「コグニティブ・キャプチャー」、定型業務を自動化する「RPA」、人や各種システム、RPAが介入する複数のプロセスを統合する「プロセス・オーケストレーション」、自動化によるパフォーマンスを可視化する分析機能、そして電子署名や顔認識技術、複合機、モバイルデバイスなどを活用して効果的なコミュニケーションを可能にする機能など、5つの要素を統合し全社的なプロセスの自動化を可能にするとしている。

Kofaxが提供するインテリジェント・オートメーション・プラットフォーム

 一般的に、RPAなどで自動化したプロセスが組織内の各所に散在している「サイロ化」の課題と、それらの統合を目指す動きは各RPAベンダーに見られるが、同社の差別化ポイントは何か。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。