特集
» 2019年11月22日 08時00分 公開

味の素はなぜアクセンチュアと会社を立ち上げるか

2020年4月をめどに味の素がアクセンチュアと新会社を設立する。「グローバルスペシャリティカンパニー」を目指し、持続可能な成長を実現するというが、一体、どういうことだろうか?

[原田美穂,キーマンズネット]

 味の素が本社の管理機能の運用を丸ごと見直すと発表した。組織構造の改革に着手した格好だ。改革は自社の人員だけでまかなうのではなく、またコンサルタントを入れたり専任チームを作るのでもなく、自社およびアクセンチュアが出資して合弁会社を設立して実施する。

 2020年4月の設立を予定する新会社の出資比率は味の素が67%、アクセンチュアが33%。新会社の名称は「味の素デジタルビジネスパートナー」。味の素グループのマーケティングなどを担う味の素コミュニケーションズの社長である吉宮由真氏が新会社の代表に就任する。

 新会社は「コーポレート組織(人事、総務、広報、調達など)」の機能を味の素グループ全体に共通サービスとして提供する計画だとしている。その際、RPAやアナリティクス、AIなどのデジタル技術活用やBPRを組み合わせて業務プロセス全体の最適化を図る計画だ。味の素の代表取締役専務執行役員である栃尾雅也氏は今回の合弁会社設立について「自社単独では実現できない革新的な業務改革」「付加価値の高いプロフェッショナル人材の育成」の両方を目指し、「顧客価値創出を推進できる構造に転換」するとコメントを発表している。

「スペシャリティ」強化と両輪で進む業務改革の中身

 味の素の中期経営計画によると、「確かなグローバル・スペシャリティ・カンパニー」を実現し、2020年度までに「グローバル食品企業トップ10クラス入り」を目指して事業ポートフォリオ強化を目指すという。

 同社は「スペシャリティ」を「先端バイオファイン技術に立脚する素材力というハードの力と、個別化・多様化する顧客向けに価値を創造していくソフトの力の融合から生まれる高い付加価値のこと」と説明しており、アミノサイエンスに関連する知的財産や技術力そのもの、マーケティングやサービス開発の力に付加価値の源泉を見る。裏返すとそれ以外の領域は、極力軽量化して体力を強化したい、という考えの表れでもある。自社でなければできない事業の強みをより先鋭化させるため、研究開発や設備の転換を強化する計画も示してきた。

脱コモディティの戦略の例(味の素が公開する中期経営計画説明会の公開資料より抜粋)

 下の図は味の素が公開する中期経営計画説明会の発表資料の一部だ。デジタルトランスフォーメーションへの注力などが発表されたのと同時に、経営基盤の強化としてグループを横断した組織の最適化が示されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。