Special
» 2019年11月18日 10時00分 公開

何役も求められる一人情シスへの救いの手?:AIで故障予測を実現する第二世代HCI――運用業務は簡単になるのか?

デジタルトランスフォーメーションのトレンドに乗って事業への貢献を求められ、あれもこれも手が回らないと感じる情シス担当者は少なくないだろう。システム基盤を簡素化することで、負荷を減らし、より本質的な業務に専念できるはずだ。

[PR/キーマンズネット]
PR

 ビジネスにとってITの果たす役割がますます重要になる中、情報システム部門(情シス)にかかる負担は増加する一方だ。ただでさえ、やれストレージが足りないだの、バックアップからデータを戻してほしいだのといった日頃のITシステムの運用管理業務だけで手いっぱいなところに、最近では経営層から「これからはデジタルトランスフォーメーションだ」「働き方改革だ」と事業への貢献が要求され始めた。

 こうした新しい取り組みに向け、新たに部署を設けて人を配置する企業も中にはあるが、市場の大多数を占める中堅・中小企業の場合はそうもいかないことが一般的だ。少数精鋭で、時には「一人情シス」体制でシステムのお守りをはじめとする日々の業務に追われながら、どうしたら新たな要望に応えていけるか思い悩んでいるのではないだろうか。

 人が増えない以上、何らかの形で効率化を進める必要がある。そんなときに選択肢の一つとして期待できるのが、「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の導入だ。HCIは、これまで情シスが多くの時間を割いてきた運用管理業務をどのように簡素化してくれるのか。そして、市場に登場しているさまざまなHCI製品の選択のポイントは何か――悩める一人情シスにヒントを紹介するウェビナーが開催された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:JBCC株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部