コラム
» 2019年11月15日 08時00分 公開

厚さ2ミリの「ガラス」ストレージ、何GB保存できるの? マイクロソフトの新発明:538th Lap

PCやサーバのストレージにSSD(ソリッドステートドライブ)が採用されるようになって数年が経過した。今後もデータが増えていくことは間違いないが、ストレージの素材にガラスを使う研究が進んでいる。

[キーマンズネット]

 ストレージといえば、かつてパンチカードだったものがフロッピーディスクになり、HDDになり、最近ではSSDが主流になりつつある。そこにマイクロソフトが「ガラス片」をストレージにする技術を開発したというから驚きだ。ガラスにどうやってデータを保存するのか、何よりどのくらいのデータが保存できるのだろうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。