Special
» 2019年11月07日 10時00分 公開

Office 365とBox+αの構成なら考えておきたいシンプルSSO:短期決戦、難しいこと抜きにSSOを導入するには? 3つの検討ポイント

業務環境の利便性を高めるSaaS。便利な一方で各種サービスのアカウント管理が新たなセキュリティリスクになる。対策としてのSSO導入は事前の検討内容次第で長期戦になりかねない。最短で決着させるためには、何が必要か。

[PR/キーマンズネット]
PR

 企業のクラウド利用はこの数年で一般的なものとなった。特に人的リソースが不足しがちな中堅・中小規模の企業にとって、「Microsoft Office 365」や「Box」などのSaaS(Software as a Service)は、運用が容易で安価に利用できる点で大きなメリットがある。

 ただしSaaSの利用は新たな課題も生む。その一つがID/パスワードの運用管理だ。サービスごとに異なるアカウントでログインしなければならず、それぞれのパスワードを安全に運用するのも困難だ。そこで組織の間で「シングルサインオン(SSO)」ツールへの関心があらためて高まっている。

 SaaS型SSOも多く、簡単に導入できると踏んで計画してみると意外と行き詰まり、予算執行のタイミングを逸するケースもあるようだ。実際には事前に考慮すべき項目も多く、場合によっては導入に時間がかかることもある。

 そこで本稿は、SSO製品の選定時に気を付けるべきものは何か、どうすれば短期に導入できるか、SSO導入のポイントを紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:エイチ・シー・ネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部