Special
» 2019年11月06日 10時00分 公開

ビジネスの起点はWebサイト:「最高の顧客体験」の作り方 変化に気付いたマーケターが取り入れている手法

マーケティングの常識は様変わりした。企業の顔であるWebサイトで「コンテンツ」をどう生かすかが、ライバルとの勝敗を左右する。変化にいち早く気付いたグローバル企業は何を使い、どう対策しているのか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 マーケティングの世界は2000年代初頭と比べて様変わりした。グローバル企業のマーケターともなれば、最新テクノロジーを使ったさまざまなツールをごく当たり前のように使いこなし、数多くの施策を同時並行で進めているはずだ。

 高速にPDCAサイクルを回せるのは、それを支えるデジタルテクノロジーが土台にあるからだ。MA(マーケティングオートメーション)のような新たな手法も取り入れられつつあるが、顧客との円滑なコミュニケーションや快適な顧客体験を実現する鍵は、充実したコンテンツ資産にある。

 コンテンツを提供する中核的な手段となるのはWebサイトだ。ユーザーは何か問題を抱え、その解決策を必要としたとき、検索という行動に出る。その意図を読み解いて手を差し伸べれば、企業はその人に良い印象を与えることができる。潜在的なニーズに応えるためには、ユーザーがたどり着いたWebサイトで一人一人に合わせてパーソナライズしたコンテンツを提供しなくてはならない。

 そのような「ワンツーワンマーケティング」を理想としつつも、実際には単なるカタログの域を出ない旧態依然としたWebサイトしか持てず、成果が出ないまま悩む企業も少なくない。悩める企業は具体的に何から始めればいいのか。以下のページで紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:アクイアジャパン合同会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部