特集
» 2019年11月05日 10時00分 公開

「クラウドRPA」とは? オンプレミス型との違い、3つのタイプを整理

「RPAのコストが高すぎる」「RPAの対象業務が少ないない」「開発や運用を担える人材がいない」――課題の解決を目指した「クラウドRPA」がブームとなりつつある。クラウドRPAの利用形態と、それぞれのメリット・デメリットを整理した。

[吉村哲樹,オフィスティーワイ]

目次


中堅・中小企業にとってはハードルが高いRPA

 業務の生産性向上や人手不足解消の切り札として期待を集める「RPA(Robotic Process Automation)」。2016年ころから一部の金融機関での利用が注目を集め、2017年から2018年にかけて業界を問わず認知度が高まり、大企業を中心に導入が進む。

 一方、人手不足の問題がより深刻な中堅・中小企業は、こうした動きに取り残されている。要因の1つは、RPA導入に伴うコスト負担にある。「簡単に導入できる」「開発いらず」を謳い、比較的規模の小さい企業でも使いやすいことを売り文句にするRPA製品でも、初期導入費用は100万円前後かかることが通常だ。中小企業にとっては決して少ない金額ではない。

 もう1つの理由として、「人材不足」も挙げられる。中堅・中小企業においては、RPAの開発や運用を担えるスキルを持った人材の確保・育成が極めて困難だ。

 今、こうした課題の解決を目指した新たな形のRPAとして、「クラウドRPA」というワードが注目を集めている。実際に多くの事業者が「クラウドRPA」と名の付くサービスを提供しはじめているが、その提供形態はさまざまだ。本稿は、クラウドRPAにどのようなタイプが存在し、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのかを整理した。中には年間の利用料金が1万円程度で済み、さらに開発レスで利用できるものなども存在する。果たしてクラウドRPAは中堅・中小企業を救う切り札となり得るのだろうか。

「クラウドRPA」とは

 「クラウドRPA」の最大の特徴はRPAを月額課金(および従量課金)のサブスクリプションモデルで提供する点にある。

 中堅・中小企業にとって既存のRPAは、高額な初期導入コストの他、導入後の運用コストの面でもハードルが高い。そもそも中堅・中小企業では、大企業と比べてRPA化の対象となる大量の定型業務がそれほど多くなく、なかなかロボットの稼働率が上がらないため、RPAの投資対効果を得ることが難しい。

 そういった課題に対し、クラウドRPAは、RPAのソフトウェアをオンプレミスのパッケージ製品として一括購入するのではなく、月額課金のサブスクリプションモデルとして利用できるため、初期導入コストを大幅に抑えられる。場合によっては、RPAを使った分だけ料金を支払う従量課金モデルを組み合わせられ、ロボットの稼働率が低くても高いコストパフォーマンスを期待できる。

 さらに「人材不足」へのアプローチとして、クラウドRPAの多くは、ロボットが動作する環境の構築・運用や、RPAシナリオの開発・管理などの作業の一部、または全てをユーザーに代わって実施するサービスを提供する。うまく活用すれば、コストや人材の壁に阻まれてなかなかRPAを導入できなかった中堅・中小企業でも、RPA活用への道が開けるとの期待が集まっている。

 徐々に流行のワードとなりつつある「クラウドRPA」だが、これを標ぼうするソリューションは、「SaaS型」「プライベートクラウド型」「シナリオ共有型」の3タイプに大別できる。それぞれ、どのようなメリットとデメリットがあるのだろうか。

SaaS型のクラウドRPA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。