特集
» 2019年11月01日 08時00分 公開

Wi-Fi6、5G……押さえておきたいネットワーク機器市場の潮流

スイッチやルーターなどネットワーク機器は成熟した市場の1つではあるものの、モバイル環境の広がりによって無線LANを中心に市場そのものは活発だ。5Gの動きも含めた、ネットワーク機器市場の今を見てみたい。

[草野賢一,IDC Japan]

アナリストプロフィール

草野賢一(Kenichi Kusano):IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャー

国内ルーター、イーサネットスイッチ、無線LAN機器、ADC(アプリケーションデリバリーコントローラー)、SDN、NFVなど国内ネットワーク機器市場の調査を担当。ベンダー調査に加え、ユーザー調査やチャネル調査にも携わり、それらの調査結果をベースに、国内ネットワーク機器市場の動向を検証、市場動向の分析および予測を提供する他、さまざまなカスタム調査を実施している。IDC Japan入社前は、エンジニアとしてユーザー企業のネットワークの設計、構築を担当。商品企画にも携わる。


目次:Wi-Fi6、5G……押さえておきたいネットワーク機器市場の潮流


ネットワーク機器市場の動き

 スイッチやルーター、無線LAN機器を中心に、ネットワーク機器の動向を見てみたい。今回は、2019年7月に発表した「国内ネットワーク機器市場シェア」の調査をベースに紹介する。現在大きく市場をけん引しているのは、無線LAN関連のソリューションだ。

Wi-Fi6動向も視野に活発な動きを見せる無線LAN

 働き方改革に伴う柔軟なワークスタイルへの対応を背景に、デスクトップだけでなくノートPCを積極的に採用する企業が増えている。ノートPCの中には、既にRJ45の物理的なイーサネットインタフェースを持たないモデルも多く、ネットワーク接続は内蔵されたモジュールによる無線LAN接続を前提にしたデバイスが増えつつある。

 実際に家庭内ではスマートフォンを接続するために無線LAN環境を整備している方も多く、無線LANに対するアレルギーは以前に比べて格段に減っている。今では企業内で無線LAN環境を整備することに特別な理由はいらないだろう。

 社内のネットワークを刷新するタイミングや拠点の新設、移転のタイミングで、新たに無線LAN環境の整備に着手する企業は少なくない。今では、自治体や金融機関も一般的に無線LANを利用しており、従来のセキュリティに対する懸念も払拭(ふっしょく)されてきた。ペーパーレス化の促進やWeb会議ソリューションなどコミュニケーション環境の強化の一環として、無線LAN環境を整備したいというニーズも関係しているだろう。

 製品の視点で見ると、2020年に正式に策定される予定のIEEE 8 02.11ax、いわゆるWi-Fi6(Wi-Fi CERTIFIED 6)の規格に準拠した製品が数多く登場している。Wi-Fi6とは、理論値で最大約9.6Gbpsという高速通信に対応した規格。

 既に2018年ごろから市場にはWi-Fi6に準拠したアクセスポイント(以下、AP)が投入されており、今後発売されるものはWi-Fi6対応のものがほとんどだろう。現段階でIEEE802.11axは正式な規格となっておらず、ドラフトの状態だが、認証自体は既にWi-Fi Allianceによって開始されているのが現状だ。

 APだけではなく、既にデバイスのWi-Fi6対応も進められている。例えば、iPhoneシリーズも、iPhone11などの最新機種でWi-Fi6対応が行われている。ノートPCも多くのWi-Fi6対応モデルが登場した。利用者が多い環境でも各端末の通信速度が低下しにくい特徴を持つWi-Fi6だけに、特定の無線空間を多くのデバイスが行きかうような密集した環境などには、いち早く導入が進められていくだろう。

無線LANとの関係が問われるイーサネットスイッチ

 イーサネットスイッチは、サービス事業者やエンタープライズなどを中心としたデータセンターネットワークに利用される製品群と、企業内LANを中心としたキャンパスネットワークに利用される製品群の2つに大別できる。

 データセンター向けについては、クラウド事業者を中心に投資が進むが、クラウドシフトが進む現在でも、オンプレミスのシステム更改に合わせてネットワークの入れ替えが発生している。そうした意味で、市場は比較的堅調な成長を見せる。

 一方でキャンパスネットワーク向けのイーサネットスイッチは成熟度合いが高いので、一見して特別なことがない限り大きな伸びは期待できないように思えるが、実際は2017年実績と比べて伸びを示している。一体なぜなのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。