特集
» 2019年10月30日 08時00分 公開

6割以上が「信頼できるのは上司よりもロボット」、マネジャーの役割とは

日本オラクルが発表した「職場におけるAI(人工知能)」に関する調査結果によると、「マネジャーよりもロボットを信頼する」と回答した割合は64%に上った。マネジャーに新たに求められる役割とは。

[キーマンズネット]

 業務の自動化やデータから新たなインサイトを得る目的でAIに関心を抱き、実際に活用する企業が増えている。オラクルが2019年7月2日〜8月9日に、米国、英国、フランス、中国、インド、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、ブラジル、日本における、従業員やマネジャー、人事部門リーダー(合計8370人)を対象に、職場におけるAI利用に関する年次調査を実施した。本調査は今回が2度目となる。その結果、この1年でAIの利用率が向上したことが分かった。

 それだけでなく、回答者の64%は「信頼できるのは上司よりもロボット」と回答するなど、AIが職場の人間関係を変化させているという。今後、マネジャーに期待される役割とは何か。

約25%の従業員は、AIとの関係を「愛情にあふれている」と回答

 現在は、どれほどの企業がAIを活用しているのだろうか。調査によると、「職場で何らかの形でAIを利用している」と回答した割合は50%だった。2018年に実施した調査では32%であったが、この1年で職場でのAIの利用率が18%も向上したことになる。この状況を受けてオラクルは「AIが存在感を高めている」と見ている。この結果を国別に見ると、AIの利用率が特に高かったのが中国(77%)とインド(78%)で、フランス(32%)や日本(29%)の2倍以上の利用率を示した。

 さらに、AIに対する職場の受け止め方を聞いた項目では、約65%の従業員が職場でのAI採用を好意的に受け止め、約25%はAIとの関係を「愛情にあふれ、満足にいくものである」と回答した。

特にAIの利用率が高い中国とインドではAIの導入に対して好意的であり、インドでは60%、中国では56%の従業員がAIの導入に肯定的だった。その他、UAE(44%)、シンガポール(41%)、ブラジル(32%)、オーストラリア/ニュージーランド(26%)、日本(25%)、米国(22%)、英国(20%)、フランス(8%)が続いた。

 男女別に結果をみると、男性の32%、女性の23%が、職場のAI導入に肯定的だと回答した。

64%が、信頼できるのは上司よりもロボットと回答

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。