コラム
» 2019年10月25日 08時00分 公開

「8インチフロッピーディスク」が、最近まで現役バリバリだった件:535th Lap

フロッピーディスク(FD)を知っている、触っていたという人は少なくはないだろうが、5インチFDや3.5インチFDではなく、8インチFDを活用していたという人は多くないのではないだろうか。

[キーマンズネット]

 ドッコイ生きてる○○の中──どこかで聞いたことのあるようなフレーズだが、意外な使われ方をしていた「8インチフロッピーディスク(FD)」がようやく”お役御免”になったという。

 1970年代初頭に開発された8インチFDが使われていたのは、せいぜい1980年代までだろう。汎用機やオフコンなどに採用されていたので、本格的にPCが普及しはじめた1985年半ば以降は、5インチFDや3.5インチFDが一般的になっていった。

 30年も前に消えてしまったと思われていた8インチFDが、いよいよある業務から「退役」するということで話題なった。一体、どんなシステムが8インチFDを使い続けていたのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。