Special
» 2019年10月23日 10時00分 公開

マルチクラウド、クラウドネイティブ時代のストレージはどうあるべきか:「AIによる自律運用」の現実解を本気で作るHPE、その進展と実績を聞いた

人工知能(AI)によるITインフラの自律運用は、多くのIT部門が目指す世界だろう。だがその第一歩はどこに置くべきだろうか。多くのシステムがソフトウェア化する中、ストレージこそがそのきっかけになる、というアプローチがある。

[PR/キーマンズネット]
PR

 ITインフラのソフトウェア化、自動化が進めば将来は完全な自律運用が可能になる――そう想像するのは難しくはない。では具体的にどうすれば全てを自律化できるか。AI処理を前提とした運用を実現するにはデータの蓄積が欠かせない。だが自社で蓄積したデータだけではサンプルとしては不十分かもしれない。

 今、自律化に向けて手を打つには、どんな選択があるか。マルチベンダーの立場から多数の製品を評価して展開するSI企業担当者らとベンダーに、自律化に適したITインフラの話を聞いた。ポイントはインフラ基盤を支えるストレージの選び方にあるようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:兼松エレクトロニクス株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部