ニュース
» 2019年10月17日 08時00分 公開

名刺管理ツールの利用状況(2019年)/ 前編

名刺管理にまつわる本音を探るために、勤務先での名刺管理状況と望む管理方法について尋ねた。名刺管理ツールを勤務先で導入してほしいかという問いでは、2018年の調査と結果が逆転し、勤務先に名刺管理ツールの導入を求める声が多く寄せられる結果となった。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年9月12日〜27日にわたり、「名刺管理ツールの利用状況に関する調査」を実施した。全回答者数97人のうち情報システム部門が37.1%、製造・生産部門が19.6%、営業・販売・営業企画部門が14.5%、経営者・経営企画部門が4.1%などと続く内訳であった。

 今回は名刺の「管理状況」から「個人で管理する理由」「企業での名刺管理ツール導入への希望」など、名刺管理の方法やツールの利用状況を把握するための質問を展開。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

名刺の「物理管理」が減少し、アプリでの管理が増加

 営業先や展示会などで獲得した名刺情報は組織にとって需要な情報資産だ。情報を集約しデータベース化することでビジネスを広げるきっかけにもなり得る。だが、この名刺情報を個人で管理するか組織で管理するかで人によっては考えが二分しがちだ。そこで、まずは名刺情報の管理方法を尋ねた。

 その結果、「名刺フォルダで物理的に個人管理している」が52.6%、「スマートフォンアプリを使って個人管理している」が25.8%、「会社で導入している名刺管理ツールで管理している」が15.5%と続く結果となった(図1)。まとめると全体で78.4%が名刺を個人管理していることとなる。

 この結果を2018年7月に行った調査と比較すると全体の約8割が個人管理している現状に変化はなかったものの、名刺フォルダで物理的に個人管理している割合が14.1ポイント減少した。代わりにスマートフォンアプリを使って個人管理している割合が12.0ポイント増加し、ここ1年で管理形態がスマートフォンを利用したアプリ管理に移行していることが分かった。

 また名刺を組織で管理しているケースもまだ全体の2割弱ではあるものの、2018年と比較すると微増した。名刺を組織で管理する理由としては「顧客データを効率的に管理するため」「顧客情報を社内もしくは部署内で共有するため」といった声が多くを占め、次いで「CRM(顧客関係管理)やSFA(営業支援システム)などと連携し、営業効率を向上させるため」「社内で顧客情報を統合管理するため」といった声が挙がった。「MA(マーケティングオートメーション)ツールなどと連携させ、効率的なマーケティング活動につなげるため」との回答もわずかだが存在した。組織で名刺を管理する目的としては、管理の効率化と情報共有に重きを置く割合が多いようだ。

図1 どのように名刺を管理しているか

読者調査からみる 今、人気の名刺管理スマホアプリは?

 スマートフォンアプリによる個人での名刺管理が急伸している中、具体的にどのようなツールを利用しているのかを尋ねた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。