特集
» 2019年10月09日 08時00分 公開

RPAが「as a Service」化すると、中小企業にどんなメリットがもたらされるのか?

Automation Anywhereが「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、クラウド環境でもロボットを展開、活用できる新製品を発表した。大企業だけでなく中堅・中小企業における自動化を助けるというが、具体的にどのようなメリットがあるのか。

[溝田萌里,キーマンズネット]
Automarion Anywhere 飯尾光圀氏

 「内製化が困難なRPAソリューションが市場に出回っている」――RPA(Robotic Process Automation)ベンダーのAutomation Anywhereで副社長 営業統括を務める飯尾光圀氏はこう述べる。

 飯尾氏によれば、グローバルのRPA市場において、大企業のうち73%は既にRPAを導入しているが、その中で50台以上のロボットを本番環境で稼働できている組織はたったの5%だとし「内製化に問題を抱えているケースが多い」。

 こうした課題にアプローチする製品として、同社は2019年10月8日に「Automation Anywhere Enterprise A2019」(以下、Enterprise A2019)の提供を開始。RPAをサービスとして利用する「RPA as a Service」というコンセプトを掲げ、Webベースのプラットフォームとして、オンプレミスだけでなく、パブリッククラウド、プライベートクラウドなど各種の環境で活用できる。開発に際して、3000社の企業が抱えるRPAのニーズを基に約175の新機能も追加した。

 「業界や組織の規模にかかわらず、さまざまな企業で自動化を実行しやすくなった」と飯尾氏。RaaSによって、具体的に何ができるようになるのか。また、無償プランなどは用意されているのか。

「RPA as a Service(RaaS)」モデルは何がメリットか

Automarion Anywhere 由井希佳氏

 同社 セールスエンジニア本部 本部長の由井希佳氏はEnterprise A2019について、「完全に業界をリードする革新的な製品」と強調する。

 Enterprise A2019は、「Webベースでクラウドネイティブに設計」しており、オンプレミスのサーバだけでなく、AWSやAzure、GCP、IBMといったクラウドプラットフォームでもRPAを展開し、管理、実行できるようになった。ユーザーが各クラウド事業者と契約し、そこにEnterprise A2019のロボットを展開するIaaS型のサービスの他、Automation Anywhereが展開するSaaS型のサービスも利用可能だ。

 「RaaSモデルでは、数クリックでRPAを展開できるなど、拡張性も向上した。これがTCOの抑制につながる」由井氏は説明する。

 Webベースで設計されていることから、ロボットの開発や運用の利便性も上がった。開発の際は、ローカル環境にRPAのソフトウェアをインストールする必要がなく、Webブラウザから開発環境にログインしてすぐにロボットを構築できる。

 「Windows OSや、Mac OS、Linuxの他、iOSを搭載したモバイル端末を通じて、いつでもどこでも簡単にロボットを開発できます。それだけでなく、各ロボットがどれくらいの効果を出しているのか可視化する『Bot Insight』の機能も、モバイル端末で利用できます」(由井氏)

ロボット作成画面を一新、AI機能の連携も容易に

 Enterprise A2019ではロボット作成画面も一新し、ビジネスユーザーはスキルレベルにかかわらず短時間で簡単にロボットを開発できるよう、また開発者は豊富な機能によって高度なロボットを開発できるようにした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。