Special
» 2019年10月08日 10時00分 公開

テレワークを促進させるために考えたいこと:これで“高価な設備投資”は不要となるか 持ち出しPCを安価で守る方法

「出張先で資料を修正する」「隙間時間を使って外出先で作業をする」。業務においてよくあるシーンだ。しかし忘れてはならないのが、端末に重要情報が含まれる可能性があること。情報漏えいリスクは社外作業にいつもついて回る問題だ。

[PR/キーマンズネット]
PR

 「いつでもどこでも仕事ができる」環境は、場所や空間に縛られた働き方を強いられるビジネスパーソンにとっての理想だ。政府が推し進める働き方改革において、従業員に最適なワークスタイルの選択肢を与えることで、生産性やモチベーションの向上につながると期待されている。

 ただ、企業にとって気になる問題が「オフィス外からどうやってセキュアに社内ネットワークに接続させるか」という点である。テレワークを実現する方法は幾つかあるが、「自社に最適な仕組みは」と聞かれると返答に困る。特に、中堅・中小企業は予算や人的リソースが不足しがちなため、テレワーク環境を整備する際の選択は難しく、導入そのもののハードルが高くなりがちだ。

 クライアント端末のセキュリティ対策も、ハードルを高くする要因の一つだ。出先で業務を実施するだけであれば、それほど困難なことではないかもしれない。重要なのは、機密データや個人情報の安全性を確保することだ。

 条件を絞り、適切なツールを選択すれば、自社に最適な方法を見いだせるはずだ。小規模な組織でも簡単にテレワーク環境を整備できる手法について説明しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社アルファシステムズ
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部