特集
» 2019年10月08日 10時00分 公開

実践する前に知っておきたい「ビジネス×AI」の基礎知識──「HOP AI」講演レポート(1/2 ページ)

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA BANKが2019年4〜5月に行ったアンケート調査によると、現在国内でRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を活用、または検討している企業の過半数(55%)は、紙ベースの文書を高精度にデジタル化する「AI-OCR」の活用や検討も進めている。

決められた作業を確実にこなすRPA、そして過去からの推測で新たな状況にも対処できるAI(人工知能)は、「既存業務の代替」から「新事業の創出」まで、さまざまな用途での活用が期待されている。とはいえ、自社が抱える課題をこれらのテクノロジーとともにどう解決していくか、確たるイメージを描ききれていない企業もなお少なくないだろう。

そこで今回は「HOP AI feat. THE GLOBAL INNOVATION FORUM 2019」(8月30日に都内で開催)で、AI活用の理論と実践をテーマに語られた3セッションの概要をレポート。「大企業が活用を成功させるポイント」「プロジェクト推進担当者に求められるスキル」そして「AIを活用した課題解決の具体例」について、第一線からの知見を共有する。

■記事内目次

  • 1.戦略選択を決定づけるのは「社内文化」─Microsoft周氏が語るAI活用
  • 2.「技術とビジネスを橋渡しする人材育成」が必要─ティビダボ石井氏・石川氏
  • 3.サービス開発と、それよりも大事な「運用」─ビースポーク綱川氏が語るAI自社事例
  • 4.RPAの実践からつかむ「AIを使いこなす文化」

戦略選択を決定づけるのは「社内文化」─Microsoft周氏が語るAI活用

「社外のアイデアや技術を積極的に採り入れる『オープンイノベーション』はいま、万能のようにもてはやされている。しかし、本当にそれほど単純なのか?」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。