Special
» 2019年10月03日 10時00分 公開

素早くシンプルにDXのニーズを満たす:「HCIを採用すればそれだけでDXが進む」わけではない DX向けHCIの勘所

「DXにはHCIが有効」という話をよく聞くようになった。だが「導入さえすればどんなHCIでもいい」わけではない。クラウドとオンプレミスをつなぐ仕組みとして賢く、効率的に使うためにはどんなHCIを導入すればいいのだろうか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 これまで以上にITを活用し、新しいビジネス手法を取り込んだり、新しいビジネス領域へチャレンジしたりする「デジタルトランスフォーメーション」(DX)は、現代の企業にとって重要な取り組みの一つである。

 DXを推進するに当たって多くの組織で課題となっているのがITインフラの整備だ。DXを支え、いわゆる「2025年の崖」問題を越えるためにも必要な「シンプルなITインフラ」の構築や運用を任せられるIT人材の確保が難しくなっているためだ。

 クラウドの活用も課題だ。利用のハードルは低くなってきたが、クラウドだけでDXを推進できるわけではない。クラウドとオンプレミスを高度に使い分け、連携させることが重要となる。

 こうした課題解決の手段として注目されているのが「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)だ。パッケージ化されたITシステムとして、シンプルに運用できるのが魅力の一つだ。従来のインフラと比べて運用コストを抑えられるし、クラウドとオンプレミスをつなぐ仕組みとしても有効に活用できる。

 ではDXに最適なHCIとは具体的にどのようなものか。次ページで解説しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:Dell EMC、ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部