コラム
» 2019年10月04日 08時00分 公開

ひそかに設置されたAIカメラは「ながら運転」を撲滅するか?:532nd Lap

クルマの「ながら運転」は危険だ。特にスマホを操作しながら運転していたことが原因の自動車事故が多発している。スマホのながら運転は飲酒運転よりもはるかに危険だと指摘する専門家もいるほどだ。

[キーマンズネット]

 警察庁は、2019年12月1日に道路交通法を改正して「ながら運転」を厳罰化すると発表した。スマホなどを操作しながらの危険運転は違反点数、反則金ともに大きく引き上げられ、場合によっては一発免停というケースも珍しくなくなるという。

 しかし、どれだけ罰則が厳しくなったとしても違反者はいる。何としてでも危険運転の芽をつみ取らねばならない。解決策の1つとして「カメラによる監視」が浮上している。

 実はスマホのながら運転を検知するAI搭載の監視カメラが秘密裏に設置されているというではないか。一体どういうものなのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。