連載
» 2019年10月03日 08時00分 公開

企業におけるBCPの策定状況(2019年)

自然災害が多発する昨今、社会インフラの寸断など、業務の継続が難しくなる事態を想定した対策の必要性がますます高まっているが、対策「していない」とする企業の割合を見ると課題が山積していることがわかる。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年8月30日〜9月13日にわたり、「BCPとバックアップツールの導入状況に関する調査(2019年)」を実施した。全回答者数79人のうち、情報システム部門は45.6%、製造・生産部門が15.2%、経営・経営企画部門が7.6%、財務・会計・経理部門が5.1%などと続く内訳であった。

 今回は「災害によって発生したトラブル」や「BCPの策定状況」「策定しているBCPのうちITに関するもの」など、企業におけるBCPの策定状況を把握するための質問を展開。全体の55.7%がBCP策定済みの一方で、中小企業を中心に大きなリスクがあることが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

サーバダウンにクラウドサービス停止………約3割が“災害”によるトラブル経験あり

 はじめに台風や地震などの災害が原因で、これまで自社のデータや業務にトラブルが発生したことがあるかを聞いたところ、全体の73.4%が「ない」、26.6%が「ある」と回答した(図1)。発生したトラブルで最も多かったのは「自社内で管理しているサーバが一時ダウンした」71.4%で、次点で「通信環境が一時利用できなくなり、メールなどが送れなくなった」66.7%、「業務中のデータが保存できなかった」23.8%、「社外で管理しているサーバが一時ダウンした」と「利用中のクラウドサービスが一時停止した」が14.3%と続く結果となった。

 まとめると全体の約3割が災害によって社内外で自社サーバがダウンしたりネットワークに異常が発生するなどのトラブルに見舞われた経験を持っていた。

図1 図1 災害が原因で自社のデータや業務にトラブルが発生したことがあるか

廃業もシナリオに……中小企業のリスクはさらに高く

 約3割が災害によるトラブルを経験している中、自社が緊急事態に遭遇した時、損害を最小限にとどめながら事業継続や早期復旧を可能とするための計画(BCP)を策定する企業はどの程度存在するのだろうか。今回の調査でも中小企業のリスクは全体平均と比較して高い傾向が見られた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。