Special
» 2019年09月30日 10時00分 公開

クラウドセキュリティの第一歩:「CASB」だけでは不十分? “組み合わせ”で実現するセキュリティ対策

クラウドサービスの利用が企業の間で拡大したことで、新しいセキュリティ対策の考え方が必要になった。「CASB」を中心に包括的なセキュリティ対策を施す方法とは。

[PR/キーマンズネット]

 業種や職種を問わず、クラウドサービスを当たり前に活用する時代になった。クラウド利用の対象となるシステムやアプリケーションも、一昔前に比べて格段に多様化した。その結果、クラウドサービスを利用する企業にとってはクラウドセキュリティの強化も重要課題に浮上している。

 クラウドセキュリティといえば、まず思い浮かぶのはCASB(Cloud Access Security Broker)だろう。CASBを活用してクラウドサービスの利用状況を可視化し、問題の把握につなげるのがセキュリティ対策の第一歩だ。ただ、CASBを適切に選択するのは意外に難しい。CASB単体の特徴を眺めるだけではなく、セキュリティ全体を見据えて正しく選ぶために、重要なポイントを見極める必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:マクニカネットワークス株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部