特集
» 2019年09月30日 10時00分 公開

トッパンフォームズ「RPA Lab」―社内外との生産性向上を目指したエコシステム構築

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPA BANKが2019年4月に実施した「RPA利用実態アンケート調査レポート」によると、RPAの活用拡大を目指したデジタル推進専門組織を持つ企業では、デジタル化戦略・計画、人材調達、育成、評価など、まったく新しい組織を育てていくことに、自社だけで解決しきれないような様々な悩みを抱えていることが分かった。社内だけでなく社外の企業との連携や交流を通じて、こうした悩みを解決できないかと考えている担当者もいるのではないだろうか。

「情報」を核とする「インフォメーション領域」で強みを発揮し、業務効率化に貢献することで企業活動をサポートし続けるトッパン・フォームズ株式会社では、ツール操作方法からシナリオ作成スキル習得に向けた体験型トレーニングを受講できる「RPA Lab」を設け、社内外と連携した生産性向上目指したエコシステム構築のユニークな取り組みを進めているという。同社におけるRPA推進のキーパーソン3名に話を聞いた。

(写真左から)デジタルビジネス統括本部 情報システム本部 システム企画部 小嶋真平 氏

営業統括本部 営業支援本部 営業事務システム推進グループ 主任 谷口美津子 氏

営業統括本部販売促進本部RPA推進部 部長 横溝倫之 氏

■記事内目次

1. 自社と顧客双方での生産性向上を目指し始まったRPAプロジェクト

2. 現場と情報システムとの連携によるRPAの社内利活用の推進

3. 18000時間の削減効果。削減によって強化されていくチームとの絆

4. 「RPA Lab」をハブとした社内外との生産性向上エコシステム構築が目標


自社と顧客双方での生産性向上を目指し始まったRPAプロジェクト

──まずはRPAに着目したきっかけについてお聞かせください。

小嶋真平氏(デジタルビジネス統括本部 情報システム本部 システム企画部): 社内システムの企画・開発・保守を担当し、なかでも新しいシステムの提案が我々の部門の主なミッションなのですが、2016年末頃にRPAについて耳にしたとき「当社でも使えそうだな」と感じたのが最初のきっかけでした。

ちょうど営業部門の事務の負荷が高いと聞いていたので、負荷低減にRPAが活用できるのではと、営業部門に話を持ちかけたのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。