特集
» 2019年09月24日 10時00分 公開

リソースの限界を打ち破ったRPAエンジニア派遣サービスの利活用。Tポイント・ジャパンにみる新RPA運用方法

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

RPAの完全内製を前提とした運用にチャレンジしているものの、壁に打ち当たり悩まれている担当者も少なくないのではないだろうか。

RPAの本格展開を図る企業を対象にRPA BANKが過去3回(2018年5月、同11月、2019年5月)行ったアンケート調査で、課題に挙がった最多回答は、いずれも「開発者・開発スキル不足」といった結果がでている(順に34%、28%、23%)。

RPAの完全内製を目指すものの「開発者・開発スキル不足」によって、RPAの壁に打ち当たり、克服した企業がある。

共通ポイントサービス「Tポイント」を運営する株式会社Tポイント・ジャパン(東京都渋谷区)だ。同社では2019年4月から、IT・エンジニア派遣サービスのパーソルテクノロジースタッフ株式会社が提供する、「RPAエンジニア派遣サービス」を採用。

Tポイント・ジャパンのRPA主担当とパーソルテクノロジースタッフ社からの派遣エンジニアがいずれも時短勤務という条件のもとでチームの役割分担を確立し、生産性向上の成果を重ねているという。

Tポイント・ジャパンがRPA導入を通じて突き当たった100%内製の壁と、その壁を超えるために見出した派遣サービス利用までの経緯、実際の運用とそこで得た知見などについて、チームのメンバーに聞いた。

■記事内目次

1.“ロボット完全内製”の挑戦で突き当たった「リソースの限界」

2.協業を通じた「再現性」あるRPA運用の確立

3.RPA定着普及に重要なのは「業務分析の粒度を揃える」と「賛同者を増やす」こと

4.ロボットをうまく使えば、時短勤務でも成果を出せる


(左から)株式会社Tポイント・ジャパン 業務支援統括 コンサルティングサポート 山本真澄氏、同社 業務支援統括 コンサルティングサポート 中嶌芳枝氏、パーソルテクノロジースタッフ株式会社 RPAエンジニア 金山恵子氏

“ロボット完全内製”の挑戦で突き当たった「リソースの限界」

──最初に、今回お集まりいただいた方々から自己紹介をお願いします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。