特集
» 2019年09月09日 10時00分 公開

DX構想の実現を前提としたRPA活用術――ホームセンター大手・カインズが実践するロボット活用

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

都内で2019年6月7日に開かれたイベント「RPA DIGITAL WORLD TOKYO 2019」の基調講演では、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)活用の最先端を走る登壇者から、この技術が「デジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みで、より洗練されたテクノロジーに移行するまでの過渡期を担う」との見方が示された。

確かにRPAのベースは、既に成熟しきった技術だ。もっともそれは、RPAの活用が一時的流行で終わることを意味するものではない。

過渡期的な状況は、業務を刷新するたびに必ず発生する。そうした局面を柔軟に乗り切る手段としてRPAに可能性を見いだし、自社のDXで活用を始めているのが、ホームセンター業界大手の株式会社カインズ(埼玉県本庄市)だ。

同社のRPA導入経緯とここまでの活用状況、今後同社でRPAが果たす役割について、担当者らを取材した。

■記事内目次

  • DXを見据えた全社展開。必要条件は、稼働時間・アクセス権限の集中管理
  • RPAの実績から、「業務の分析と再構築」を担う専門チームの創設を構想
  • 適材適所でのRPA活用を前提としたDXを

DXを見据えた全社展開。必要条件は、稼働時間・アクセス権限の集中管理

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。