Special
» 2019年09月04日 10時00分 公開

面倒な勤怠管理業務を省力化できる:就業状況を一元的にリアルタイムで“見える化”して手軽に勤怠管理する方法

「働き方改革関連法」の施行により、従業員の就業管理がますます重要になっている。総務・人事部門の作業を減らすとともに、従業員や管理職に負荷をかけることなく正確な就業管理が実現できる「就業管理システム」とは何か。

[PR/キーマンズネット]
PR

 2019年4月に「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(通称:働き方改革関連法)が施行された。一部の項目は大企業と中小企業で適用時期が異なるものの、全ての企業に従業員の就業環境の改善を義務付け、長く働きやすい組織への変革を求めている。

 特に注意しなければならないのが従業員の就業時間だ。「労働基準法」「労働安全衛生法」「労働時間等の設定の改善に関する特別措置法」の3つの法令に関わり、2019年から2023年にかけて段階的に整備が進む。こうした法令を順守するには、従業員の申告のみによるあいまいな管理では不十分だ。出勤・退勤“時刻”を“客観的な記録”として残し、確実に“保管”し、申告との差を調査できる仕組みを設けなければならない。

 一方で働きやすい環境を整えることは、優秀な人材の獲得に欠かせない。客観的に見て「ホワイト企業か否か」という点は、現代の就職活動において勤め先を選ぶ重要なポイントだからだ。

 ただし、これらを総務・人事部門の担当者が手作業で処理していては負荷が大きく、適切な管理体制は実現できない。総務・人事部門自体が「ブラック化」する恐れもある。作業を自動化し、不正やミスなどが発生しない環境を整備するための就業管理システムについて、ポイントやメリットを紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社日立システムズ
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年11月3日