特集
» 2019年08月29日 08時00分 公開

経費精算システムの利用状況(2019年)/後編

経費精算システムと聞いて「こんなものかな」と満足する人は6割以上。それなのに、アンケートでは「さては精算を断念させるつもりか」と思いたくなるような経費精算の仕組みへの不満が聞こえてきた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年7月20日〜8月1日にわたり、「経費精算システムの利用状況」に関する調査を実施した。全回答者数165人の内訳は、情報システム部門が37.6%、製造・生産部門が18.8%、営業・販売・営業企画部門が11.5%、経営者・経営企画部門が9.7%などだった。

 今回は「経費精算システムの満足度」を聞くとともに「経費精算業務に課題・不満を感じている理由」とそれに対する「改善要望」などを調査した。調査では利用者の満足度は高いものの、不満は特定の問題に集中したことが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

「満足」63.2%の一方で「不満」はある点に集中

 前編では企業で行われている経費精算業務の実態と、それらを効率的に実行するためのシステムが約6割の企業で既に導入済みであることなどを紹介した。後編ではシステム化が進む経費精算業務に対して現場や管理者が抱く不満・課題から、今後の改善計画までを調査した。

 始めに利用している経費精算システムに対する「満足度」を聞いた結果「とても満足」が10.4%、「まあ満足」が52.8%、「やや不満」が28.3%、「とても不満」が8.5%となり、まとめると全体で「満足」が63.2%、「不満」が36.8%となった(図1)。

図1  図1 経費精算システムの満足度

 「満足」と回答した方の理由を聞いてみると「手当など役職や場所で自動計算されるなど利便性がいい」「独自開発されたソフトを利用しているが、会計を知らないものでもある程度分かりやすく操作できるため」といった操作面や使い勝手の良さを挙げる声や、「モバイル端末を使用して任意のタイミングでシステムに入力できるので、わざわざ帰社する必要がない」「おおむね会社の規模や業務に合っている」など自社の働き方やワークフローに即したシステムが導入、運用されている状況を評価する声が聞かれた。

 一方「不満」とした回答者からは、特定の問題を指摘する声が上がった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。