特集
» 2019年08月23日 08時00分 公開

LINE WORKSとBoxの合わせ技、創業100年の老舗が業務効率化の秘密を明かす(2/2 ページ)

[土肥正弘,ドキュメント工房]
前のページへ 1|2       

BoxとLINE WORKSで社内託児所での画像データ活用

 同社は、セキュリティの高さと豊富な連携ソリューションを理由に、Boxも導入する。現在は、複合機連携、スマートフォン連携、シングルサインオン、外部とのコラボレーション機能などを活用する他、LINE WORKSと組み合わせた活用も積極的に試している。

 複合機連携とは、複合機でスキャンして電子化した書類を直接Boxに保存し、保存した書類をどの拠点の複合機でも出力できるようにする機能。これによって、スキャンや文書の保存、印刷の工数が減り、情報共有の手間も削減できた。

 「Boxのストレージに、商品のレシピをはじめ、パッケージデザインデータ、新製品開発情報、試作情報、生産ナレッジ、社員情報、先人の知恵などあらゆる情報を格納しています」(山崎氏)

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。