コラム
» 2019年08月23日 10時00分 公開

Amazonがカリフォルニア州の議員を「悪人」だと断じたワケ:526th Lap

AmazonはEC事業を世界中で展開して成功を収めているが、実はクラウドサービス事業で大成功している企業でもある。だが性能向上に余念のないWebサービスに思いがけない弱点が発見された。

[キーマンズネット]

 Amazonはクラウドサービス事業の一環として、顔認証技術「Amazon Rekognition(レコグニション)」を提供している。静止画や動画の中の人間の顔を認識し、検出する技術だ。2019年8月14日の発表によると、その性能がさらに向上したという。

 Amazonは、Rekognitionの機能向上に自信満々だ。動画や静止画から性別や年齢範囲を判別できるだけでなく、「幸せ」「悲しみ」「怒り」「驚き」「嫌悪」「落ち着き」「困惑」といった7つの感情を検出できていた。今回のアップデートで「恐れ・不安」まで探知できるようになったという。

 しかし、とんでもない弱点があることが判明した。一体どういうことか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。