特集
» 2019年08月19日 12時00分 公開

ブックレット:【専門家が解説】RPAの落とし穴とリスク 事例、成功のポイント

「RPAを導入したのに効果が出ない」「RPAの運用が予想以上に重労働だ」「ロボットが止まって仕事にならない」といった悩みを抱えるケースは少なくありません。RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴やリスク、導入や運用のポイント、最新のAI連携事例を専門家が解説します。

[キーマンズネット]

RPAを成功させたい企業が知るべきことを凝縮

 日本では働き方改革を背景に、数年前から熱いブームを巻き起こすRPA(Robotic Process Automation)。しかし、導入した企業によっては‟こんなはずじゃなかった”と考えるケースもあるのではないでしょうか。

 「RPAを導入したのに効果が出ない」「RPAの運用が予想以上に重労働だ」「夜間や休日にロボットが止まって仕事にならない」――ある企業が800%の投資対効果を達成する一方で、ある企業はこのような悩みを抱えています。それだけでなく、人の作業を代行するRPAが、コンプライアンス違反やセキュリティリスクの原因になり得るということはご存じでしょうか。

 本ブックレット(31ページ)では、RPA導入で企業がはまりやすい落とし穴やリスク、その回避策を紹介。さらにロボットを運用する際のポイントや、最新のAI連携事例など、RPAを成功させたい企業が知るべきことをまとめて解説しています。

  • RPA導入の明暗を分けるもの、ROI 800%の事例に学ぶ
  • 「RPAは簡単に作れる」の落とし穴
  • RPAがセキュリティリスクになる、対策は?
  • RPAロボットを増殖させても大丈夫――ベストな運用体制とは
  • RPA×AI連携を数クリックで実現する

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレットは、キーマンズネットで掲載した連載記事「エバンジェリストが教える、RPA成功の絶対条件」を基に制作しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。