Special
» 2019年09月04日 10時00分 公開

今まで通りの運用で大規模集約も対応可能と証明:検証者に聞く、Arcserve UDP 7.0の仮想環境対応はどこまで実用的か

Arcserve UDPは小中規模環境にしか向かないのか。富士通ではこの疑問を解消すべく、大規模環境でも使いものになるかどうか、仮想環境で性能を評価した。検証結果の数値も紹介する。

[PR/キーマンズネット]
PR

 企業情報システムでは、いまや仮想化基盤やクラウドが有力な選択肢になっている。長年、バックアップ・リストアソフトウェア「Arcserve」シリーズを扱ってきた富士通は、顧客企業からの「仮想環境でどこまで実力を出せるのか」という問いに応え、実証実験に乗り出した。

 大規模環境では、バックアップの処理時間が大きなポイントになる。仮想環境においては、処理時間を短縮するため、仮想マシンの並列バックアップがよく用いられる。この条件で、「Arcserve Unified Data Protection」(Arcserve UDP)がどれほどの実力を備えているのか、50台の仮想マシンの並列処理が可能か見極めるものであった。途中、実証実験は大きな壁に直面したが、劇的な展開もあり50台の仮想マシン同時並列バックアップを成功させただけでなく、想定をはるかに超えるスループットをたたき出した。検証結果の数値とともに紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:arcserve Japan合同会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部