Special
» 2019年08月13日 10時00分 公開

HPC分野のスケールアウト型システムの課題を克服する:48TBメモリを搭載するスケールアップ型サーバが研究開発に革命を引き起こす

「インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」搭載「HPE Superdome Flex」は48TBの単一メモリ空間を駆使し、製造業、生命科学、材料、化学、物理などの研究分野で大規模な行列計算や3次元解析を実現する。

[PR/キーマンズネット]
PR

 現状のHPCは複数台の計算機で並列処理をさせるスケールアウト型システムが主流だ。スケールアウト型システムは独立した複数のOS(オペレーティングシステム)の分散メモリ動作になるため、並列化されたプログラムであれば「サーバの台数」に比例して性能向上していくが、並列化効率が低いプログラムや大容量メモリが必要になる計算ではサーバ間通信が発生するため、その頻度に比例して性能が向上しにくくなる。このような並列化効率の低いプログラムに適しているのがスケールアップ型サーバだ。

 HPE Superdome Flexは「インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」を搭載するスケールアップ型サーバで、48TBメモリを必要とする計算を現実的な時間内で完了できるようになっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社エス・ワイ・シー、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部