Special
» 2019年09月04日 10時00分 公開

保険を掛けずに車を運転する人はいない:バックアップもITインフラ 中小企業こそバックアップに注力すべき理由

ITは企業の成長を支える重要なインフラだ。常に安定的に稼働し、不測の事態でも速やかに復旧する必要がある。だが「重要なデータを保護するインフラ」であるバックアップは、きちんと運用されているだろうか?

[PR/キーマンズネット]
PR

 BCP(事業継続計画)の観点で考えると企業の中で重視すべきは「データ」だ。データさえ無事ならハードウェアやソフトウェアが仮に破損したとしても交換が可能だ。しかしデータが破損したり紛失したりすれば復旧は難しいだろう。

 企業であれば、規模の大小はあれど何かしらのデータバックアップの仕組みを導入しているはずだ。しかし、いざというときに戻せない、戻せるが長い時間が必要など、バックアップの管理に関して何らかの課題を抱えている企業が少なくない印象だ。また、データ自体が無事だとしても、必要以上に大きなコストや負荷がかかっていては意味がない。自社に見合うバックアップとリカバリーの仕組みにすることが重要だ。

 特に中堅・中小企業の中には最低限のバックアップ機能しか使えず、バックアップの運用に大きな負担がかかっている企業も少なくないという。小規模な企業や環境でも、低コストで必要十分なバックアップとリカバリーの体制を整えるためにはどのような手段があるのか。次ページで紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:デル株式会社、SB C&S株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年11月3日