特集
» 2019年08月07日 08時00分 公開

5G、約7割は自分が何を知らないかも分からない――日本経営者の悲しい実態

アクセンチュアは世界の企業経営層や技術担当幹部など1828人を対象とした第5世代移動通信システムに関する調査結果を発表した。日本では約7割の経営層が5Gに関して、「何を知らないかについても分からない」と回答したことも分かった。

[キーマンズネット]

 アクセンチュアは2019年7月25日、世界の企業経営層や技術担当幹部など1828人を対象とした「第5世代移動通信システム」(5G)に関する調査結果を発表した(対象期間:2018年12月〜1月)。同社によると、「5Gについて何を知らないかについても分からない」と回答した経営層の割合はグローバルで60%だったのに対して、日本では68%と10カ国の中で最も高い水準を占めた。さらに日本を含む経営層の多くが「5G関連技術が今後、競争上の重要な意味を持つようになる」との認識を示すなど、5Gに対して漠然とした期待を抱いていることが分かった。

 今回の調査では、5Gに対する理解度や5Gの導入に向けて各通信社が担う役割、5G導入の障壁や期待するメリットなどについて調べた。

調査の概要

 まず5Gに対する理解度は、IT部門の意思決定者が最も高く、従業員が最も低かった。具体的には、5Gに関する文章の中から正しいものを選択する問題で理解度を測ったところ、平均的な理解度の割合はIT部門の意思決定者が33%、経営部門の意思決定者が30%、従業員が18%だった。

 5Gは第4世代移動通信システム(4G)よりも通信速度が高いとの見方は既に浸透しており、IT部門の意思決定者の80%、経営部門の意思決定者の73%、従業員の55%が5Gのデータ送信はリアルタイムだと理解している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。