特集
» 2019年08月06日 08時00分 公開

NECが順位を落とす……国産ベンダー勢力図激変

IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。国産ベンダー勢力図に変化が見られた。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、2018年の国内ITサービス市場のベンダー売り上げランキングを発表した。同社によれば、2018年の国内ITサービス市場は前年比成長率2.1%で5兆6664億円だった。ベンダー売り上げの上位5社は、1位から順に、富士通、日立製作所、NTTデータ、NEC、IBMだった。NECが、2位から4位に順位を下げた一方で、日立製作所とNTTデータが順位を上げた。

 サービスセグメント別に見ると、プロジェクトベース市場では、上位10社全てがプラス成長を遂げた。要因は、製造や流通、政府・公共分野を中心に既存システムの刷新および更新需要が拡大したことだとしている。安定成長が続くマネージドサービス市場では、上位ベンダーのランキングに大きな変化はなく、富士通が1位をキープしている。一方、サポートサービス市場では、ハードウェアサポートと保守市場が縮小傾向だったことを受けて、上位10社のうち3社はマイナス成長だった。

 産業分野別に見ると、金融向けはメガバンクのシステム統合案件の反動減を、保険やクレジットカードなど、銀行以外の案件でリカバリーする状況が続いている。製造向けは、三菱重工業の情報システム子会社を買収したNTTデータが20%を超える高成長を遂げた。政府・公共向けは、官公庁や大手電力会社向けの大型SI案件によって売り上げを伸ばした日立製作所が前年の3位から1位に順位を上げた。

 なお、前年比売上成長率が最も高かった大手ITベンダーは、2017年と同様にアクセンチュアだった。アクセンチュアは、売り上げランキング上位7社には含まれていないが、全ての産業分野で、二桁台後半以上のプラス成長を遂げ、ITサービス事業を大幅に拡大する。

国内ITサービス市場 売り上げランキング、2016年〜2018年

(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。