特集
» 2019年07月23日 08時00分 公開

国内5G市場の飛躍に欠かせないものとは? 今後市場はどう成長する?

IDC Japanが、国内5G市場予測を発表した。5Gが広く普及するには、通信サービスや多用な端末の普及が欠かせない。国内でこれらの準備が整うのは、いつなのか。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、国内5G携帯電話と5G通信サービス市場予測を発表した。同社によれば、5Gが広く普及するにはエリアの展開、5Gの通信サービスや対応端末が普及価格で利用できることが必要だとする。加えて4K、8Kなど高精細映像を高速に処理できる映像機器やAI(人工知能)など、新たなアプリケーションの構築に必要な製品やサービスの市場浸透も必要だと見ている。これらの準備が整うまでの初期フェーズにおいて、5G市場の立ち上がりはやや緩やかになると予測する。

 同社によれば、5G対応携帯電話は2019年第4四半期(10月〜12月)に出荷が開始され、2023年には出荷台数が約870万台に達すると見込まれる。5G通信を利用可能な通信サービスの契約数は、5G対応携帯電話の普及と連動して増加するとみている。エンターテインメント施設からの高精細映像のリアルタイム配信やAI(人工知能)による工場設備の予知保全ロボット、建設機械の遠隔操作など、産業分野でのIoT(モノのインターネット)回線としての活用が加わることで、2023年には3316万回線になり、モバイル通信サービス全体の13.5%を占めると予測する。

2019年〜2023年における国内5G携帯電話出荷台数(左軸)とシェア(右軸)
2019年〜2023年における国内5Gモバイル通信サービス市場(左軸)とシェア(右軸)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。