特集
» 2019年07月22日 10時00分 公開

AI型コールセンターの「予測エンゲージメント」、何ができるようになるか

誰にいつどの商品を推薦すべきか、を即時に判定する人工知能(AI)を搭載したコールセンターソリューションが登場。リアルタイムで行動を分析してペルソナを推定するという。

[原田美穂,キーマンズネット]

 ジェネシス・ジャパンが人工知能(AI)を活用したクラウド型の「予測エンゲージメント」サービス「Altocloud」を日本国内で提供開始した*。「エンゲージメント」は場面や用法によって複数の意味を持つが、ここでいうエンゲージメントは製品やサービス、あるいは企業そのものに対する顧客の信頼やよい関係性を構築することを意味する。

進むコンタクトセンターのAI活用

 Altocloudは同社が提供するクラウド型コンタクトセンターソリューション(「PureCloud」「PureConnect」「PureEngage」)と連携して利用する。Webサイトの閲覧や操作、社員との会話といった、複数のチャネルの行動をリアルタイムに把握する。そしてこれら顧客の情報から得られる成果を、AIによって事前に設定したペルソナ(その商品の典型的なユーザー像)と照らし合わせることでリアルタイムにスコアリングする。

*:2019年7月10日に発表。

・関連記事:「AI対応の期待膨らむクラウドコンタクトセンターの現在地


 この情報を基に、商品の購買やイベントへの申し込み、旅行の予約、問い合わせへの回答といった企業にとって望ましい結果につながる行動を予測。最適なタイミングで電話やチャット、クーポンの配布といった購買を促すための支援策を高い精度で提供することで、顧客とのエンゲージメントを高める。エンゲージメントの成果についてはAIが分析し、常に最適な購買支援情報を提供できるようにする。

Altocloudのデモ 顧客のオンライン行動をリアルタイムで追跡しながら動的にスコアリングを変更したり、ペルソナを推定したりする(Genesysの公式Youtubeチャンネルより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。