ニュース
» 2019年07月16日 08時00分 公開

「ワイヤレスファースト」がけん引するネットワーク機器市場 2023年までの展望は?

IDC Japanの調査によると、企業での「ワイヤレスファースト」の動きが浸透し、2018年の無線LAN機器市場は大きく成長した。2018年から2023年にかけて、企業向けネットワーク機器市場全体はどう変化するだろうか。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、国内企業向けネットワーク機器市場の2018年実績と今後の予測を発表した。

 2018年の国内企業向けネットワーク機器市場は、前年比成長率5.9%と2年連続でプラス成長を続けた。市場規模(支出額ベース)は2374億1000万円であった。

 特に企業向け無線LAN機器市場は大きく成長した。アクセスポイントの出荷台数は、81万台に達し、無線LANコントローラーを含めた市場規模は前年から24.8%増加した。成長の背景は、ネットワークアクセス手段として無線を第一に考える「ワイヤレスファースト」の動きが浸透しつつあることにあるとIDC Japanでは分析する。企業のモバイルデバイスの活用や「働き方改革」オフィスに向けた環境の整備などがワイヤレスファーストを後押ししている。

 企業向けイーサネットスイッチ市場も、2018年は前年比成長率5.3%と好調だ。データセンター向けも企業内LAN向けもいずれも伸びており、企業内LAN向けの前年比成長率は4.8%と成熟市場としては高い成長率だった。無線LANの拡大に伴う有線LAN環境の見直しやネットワークの自動化、可視化、セキュリティ強化に伴うLAN環境の更新機会の増加も成長をけん引したとIDC Japanは分析する。

 今後も「ワイヤレスファースト」の進展と共に、企業向け無線LAN機器市場は成長を続けるとみている。同市場の2018年〜2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は、アクセスポイントの出荷台数が4.6%、支出額ベースで2.1%と予測する。一方、企業向けイーサネットスイッチや企業向けルーター市場は今後成熟化が進むため、企業向けネットワーク機器市場全体の2018年〜2023年のCAGRはマイナス3.5%と予測する。

国内企業向けネットワーク機器市場 支出額予測(2017年〜2023年) 国内企業向けネットワーク機器市場 支出額予測 2017年〜2023年(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。