特集
» 2019年07月12日 08時00分 公開

NECとBoxが協業、互いの強みを生かした「働き方改革」を支えるソリューションとは

NECとBox Japanはクラウドコンテンツマネジメント分野で協業することを発表した。この協業に関し、BoxとNECはそれぞれどのような強みを生かせるのか。

[キーマンズネット]

 NECとBox Japanは2019年7月11日、クラウドコンテンツマネジメント分野で協業すると発表した。NECが自社グループにBoxを導入したときの知見を基に、企業の働き方改革や業務の生産性向上を支えるソリューションを開発し、両社がこれを提供する。NECは、ソリューションの提供に向けて、エンジニアを今後3年間で100人に増員する。

 NECは2017年にBoxの販売を開始し、新たな製品の開発やソリューションの提案、導入支援を実施してきた。NECによると、同社はBoxの国内最大規模のユーザーでもあり、グローバル情報共有基盤にBoxを採用している。

 この協業に関し、BoxとNECはそれぞれどのような強みを生かせるのか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。