Special
» 2019年07月18日 10時00分 公開

ワークシーン別に考えるスマートな働き方:迫られるワークシフト 働き方の大転換期にある今求められるものとは

日本の働き方に対する考え方はこの数十年で大きく変わった。平成の30年で昭和的な働き方から脱却し、令和時代を迎えたこれからはさらに変わろうとしている。今までの働き方をどう変える必要があるのか。そして、今までの何を見直すべきか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 2019年5月1日、新元号「令和」が始まった。折しも4月に働き方改革関連法が施行されたばかり。新たな時代の幕開けとともに、働き方改革への取り組みが本格化した。

 今までは成果を出すためなら長時間労働も仕方がないとされてきたが、これからはかけた時間は評価されない。効率的に成果を挙げることが求められる。そこでキーワードとなるのが「俊敏性」だ。

 どのようなシーンにも素早く対応し、その場でビジネスを進められることが何より重要だ。本稿は、令和時代のワークスタイルにシフトするために、従業員の俊敏性を高めるコツを紹介したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:富士通株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部