特集
» 2019年07月09日 08時00分 公開

Windows Server 2008のサポート終了で激震する国内VDI市場

2019年〜2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。背景には、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大などがある。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、2018年の調査実績をもとに2019年〜2023年の国内クライアント仮想化関連市場について予測した。同社によれば、2019年〜2023年の国内クライアント仮想化関連市場は、平均成長率(CAGR)4.2%で成長し、2023年には8858億円まで拡大するという。

 同社によれば、市場拡大の要因は、インテリジェントワークスペースの進化、法規制やガイドラインによるIT投資拡大、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDIやSBCの需要拡大だという。その他、SD-WANや5Gなどのネットワーク環境の進化も市場拡大の要因となる。

 同社は、2019年はデジタルワークスペースが、アナリティクス、RPA(Robotic Process Automation)などのAI(人工知能)技術、チャットやメッセンジャー、次世代セキュリティやクラウドサービスなどの実装および連携が進むことで、インテリジェントワークスペースへ進化すると予想する。

 VDI環境における生体認証、電子サイン、音声や動画の活用も実用段階に入り、活用が進む。

 IDC Japanは、市場拡大に伴い、2023年にはクライアント仮想化利用ユーザー数が772万人まで拡大すると見込む。産業別では、2018年時点で「金融」のユーザー数が最も多く、2023年には139万人まで拡大すると予測する。ちなみに、次に利用率の多い産業分野は、「官庁、自治体、教育」「製造」だ。

 一方で、同社はクライアント仮想化サービス(Desktop as a Service)市場の成長率も予測しており、2018年〜2023年における年間平均成長率は7.3%だと見込む。今後は、プライベートクラウドDesktop as a Serviceに加え、エンタープライズクラウドDesktop as a Service、パブリッククラウドDesktop as a Service、ハイブリッドクラウドDesktop as a Serviceなど多様化が進むと指摘した。

 中でも2018年の時点では、プライベートクラウドDesktop as a Service市場が636億円と最も大きく、2023年には874億円まで拡大すると予測。一方、年間平均成長率はパブリッククラウドDesktop as a Service市場が最も高く、25.8%で推移すると予測する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。