特集
» 2019年07月05日 10時00分 公開

職業訓練の新しい形。「ロボットと共に、自分も成長する」

[相馬大輔,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

「真剣に高生産性・高所得経済への移行を目指すならば、高齢者大国の日本には本格的な成人の再教育制度が不可欠です。それも生半可なものではなく、世界が驚くほどの高い質を担保した制度が求められます」

投資銀行から文化財の修復を手がける老舗企業に転身、現在同社の社長を務めるかたわら活発な政策提言を行うデービッド・アトキンソン氏は、近著「日本人の勝算」でそう述べ、かつてない長期間を働き手として過ごす今後の社会で“学び直す機会”を持つ重要性を説く。

こうした問題意識を先取りするように、オフィスワークの生産性向上策として広まるRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を、再就職希望者への職業訓練に取り入れる試みが広島県で始まっている。その狙いと背景、受講者の声などを現地で取材した。

■記事内目次

<目次>

1.売り手市場でも激戦の事務職。公共職業訓練でRPAスキルを身に着け志望をかなえる

2.「ロボットと共に、自分も成長する」。再就職希望者に起こるマインドセットの変化

3. 国も注目。見えてきた公共職業訓練の新しい形

4.これから求められるのは『技術を覚えて使える人材』から『変革を起こせる人材』


売り手市場でも激戦の事務職。公共職業訓練でRPAスキルを身に着け志望をかなえる

「できました!」「もっといろんなことをやってみますか?」−。2019年5月中旬、広島市中心部に建つITスクールの一室は活気に満ちていた。

広島県立広島高等技術専門校からの委託で開講された職業訓練「RPA初級エンジニア養成科」。20代から50代の男女計20人がペアを組み、教室を回る講師にもアドバイスを受けながら、それぞれのPCに向き合う。取り組んでいるのは、定型作業を自動実行するソフトウエアロボットの作成だ。

訓練コースは2019年2月にスタート。RPAを学べる公的な職業訓練は全国的にもまだ珍しい。第1期生となった参加者の多くは、オフィスワークを効率化するRPAへの知識をキャリアアップに役立てようと考えた事務職志望者だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。