特集
» 2019年07月05日 08時00分 公開

ニトリが「ニトリ大学」を設立? 「売上3兆円」達成のための「好奇心マネジメント」とは何か

グローバルで拡大を続けるニトリホールディングス。グループがさらなる組織強化のために着手したのは、人材マネジメントと、人材を発掘するためのある思い切った仕掛けだ。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 札幌市に本社を置くインテリア小売業大手ニトリ。「お、ねだん以上。」のキャッチコピーでも知られる。店舗数を拡大し多様な商品を展開する同社は、いまやグループ会社を含めるとグローバルで19社、4万人以上の従業員を擁する超大企業だ。

 規模を拡大する同社は、人材開発に将来を託す。デジタル変革を伴う「暮らしの再発明」を実現する人材育成には、本人も知り得ない才能を発掘する仕組み作りが重要だという。間もなく始まる同社の人材開発の取り組みを紹介する。

ニトリのWebサイトより。独自商品の開発ストーリーも公開している

※本講は2019年6月25日、東京で開催された「Workday Elevate Tokyo」でのワークデイの講演を基に内容を再構成した。


ニトリ人事部門のHCM導入、成長の原資育成の軸に据えた指標は?

 ニトリホールディングスは、2019年12月から新たにクラウド型人財管理ソリューション「Workday HCM」を導入する。だが、ただのHCM(人材マネジメント)システム導入ではなく、そこには成長の原資を最大化する作戦がある。本稿ではニトリの成長戦略と人事構想を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。