Special
» 2019年07月05日 10時00分 公開

ヴイエムウェア株式会社×インテル株式会社提供ホワイトペーパー:企業調査から見えた、「ハイパーコンバージド」の“進化”と“価値”の実態

仮想化されていない共有ストレージが持つコストや複雑性の問題を解消するものとして注目されるHCI。その導入や展開は、初期と比べると大きく変貌した。IDCの調査結果を基に、ハイパーコンバージドソリューションの現状と活用法を解説する。

[PR/キーマンズネット]
PR
画像

 IT部門に対して一層のコスト削減とアジリティ向上が求められる中、データセンターの変革が多くの企業で喫緊の課題となっている。そこで注目されているのが、仮想化されていない共有ストレージが持つコストや複雑性の問題を解消する、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)だ。

 そのHCIの導入や展開は、初期と比べると大きく変貌しており、現在は大企業の本番環境で、より広範なアプリケーションと重要なワークロードを実行するようになった。そうした背景もあり、企業がHCIを選定する際は、NVMeに代表される新たなフラッシュ技術や、容易なセキュリティ確保を実現する暗号化技術への対応を重視するようになっている。

 またハイブリッドクラウドへの移行を考える上でも、拡張性に富んだHCIは最適なプラットフォームとなり得るだろう。本コンテンツでは、成熟するHCI市場をけん引するVMware vSAN利用企業への調査結果を基に、データセンターの課題解決にハイパーコンバージドソリューションがどのように貢献するのかを探っていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヴイエムウェア株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部/掲載内容有効期限:2019年8月23日