Special
» 2019年07月08日 10時00分 公開

サイロ化ネットワークの課題をどう解決?:本社とグループ会社の間にある「ネットワークの壁」を壊すには

グループ会社の増加やシステムの変更時には、ネットワークの変更が必要となる。だが機器の新規導入やネットワーク設定といった作業負荷の高さが問題だった。30社以上の子会社ネットワークを統合した事例からその解決方法を探る。

[PR/キーマンズネット]
PR

 複数のグループ会社を持つ企業は、本社とグループ会社がそれぞれ別々の物理ネットワークを構築、運用管理していることが少なくない。つまりネットワークがサイロ化してしまっているのだ。本社から見ればグループ各社がどのように運用しているかを把握できず、管理ができない状態だ。

 さらにネットワークのサイロ化は、ネットワークごとに機器を調達する手間やコストだけでなく「それぞれのネットワークにネットワーク管理者が必要となる」という人的リソースの課題も引き起こす。

 今回紹介する、30社以上の子会社を有する企業はこの課題を解決するためにIT基盤の刷新を決断した。ネットワークサイロ化の課題をどのように解決したのか。次ページで詳しく解説する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ヴイエムウェア株式会社、株式会社ネットワールド、ネットワンシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部