特集
» 2019年07月04日 08時00分 公開

人材管理、人事管理の状況(2019年)/前編

人材/人事管理に関するIT投資、積極的な企業はそう多くはない。だが人事関連部門ではHR Techやタレントマネジメントに対応できない自社の現状に危機感を募らせているようだ。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年5月30日〜6月13日にわたり、「人材管理/人事管理の動向調査」を実施した。全回答者数105人のうち情報システム部門が34.3%、製造・生産部門が19.0%、総務・人事部門が11.4%、営業・販売部門が9.5%などと続く内訳であった。年商規模での分類では、500億円以上が41.0%と最も多く、続いて10〜100億円未満26.7%、100〜500億円未満21.0%、10億円未満11.4%であった。

 今回は「導入状況」や「導入形態」「満足度」など、企業における人事管理、人材管理システムの導入状況を把握するための質問を展開。人事管理や人材管理でシステムやサービスを導入している割合は全体の約6割で、ERPの機能を活用している層を中心に今後は専用サービスの活用が進む傾向にあることなどが明らかになった。

 なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

人事管理"IT活用中"は約6割……ERPの機能から専用サービスの活用へ

 はじめに自社で行っている人事管理や人材管理について、何らかのシステムやサービスを導入しているか尋ねた。

 「既に導入しているが、今後リプレースの予定はない」49.5%、「必要性を感じるが導入は検討していない」16.2%、「必要性を感じない」14.3%、「新規で導入を検討している」「既に導入しており、今後リプレースを予定している」が同率で9.5%と続いた(図1)。まとめると導入済みが59.0%、導入予定なしが30.5%、リプレースを含め導入予定が19.0%となり、全体の6割が人事管理や人材管理でITを活用していることになる。

 そこで導入済みと回答した方を対象に利用システムの形態について聞いてみた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。