特集
» 2019年06月20日 08時00分 公開

手作業大国ニッポンはストレス大国ニッポン? 「業務自動化に関する国際調査」で分かったこと

「業務自動化に関する国際調査」の結果、日本は「手作業大国」と判明。しかも手作業のストレスも最大級に感じているそうだ。

[キーマンズネット]

 ServiceNow Japanが「業務自動化に関する国際調査」の結果を発表した。同調査は、業務の自動化に対する従業員の考え方や経験、業務の自動化レベルを明らかにすることが目的。それによると、日本はデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が他国よりも遅れており、手作業に頼る業務が多く、そのストレスは世界平均よりも高いスコアになった。

「極めて手作業に頼っている」で最高スコアをたたき出す”手作業の国”

 調査では、まず職場での業務の自動化レベルを調べた。すると、日本では手作業に頼っている職場が多く、業務の自動化のレベルが低いことが分かった。

 自身の業務について「手作業に頼っている」または「極めて手作業に頼っている」と回答した割合は、日本が39%で、12の国と地域の中で最も高かった。世界平均は29%だった。これに対して、業務が「自動化されている」または「極めて自動化されている」と回答した割合は、日本が20%。これは、香港(14%)、カナダ(19%)に次いで3番目に低い。世界平均は26%だった。

 次からは世界平均と比較した際の「過去3年間で業務が自動化された」とする割合や手作業業務のストレス度合い、自動化への意欲などを見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。